中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


オスグット(オスグット・シュラッター病)

オスグットは成長期の子供に発生するスポーツ障害であり成長痛ではありません。

膝のお皿(膝蓋骨)の下に脛骨粗面という場所があり、ここに膝蓋靭帯が付着しています。

その膝蓋靭帯には大腿四頭筋と呼ばれる筋肉が付いているためオーバーユース(使いすぎ)によりこの脛骨粗面に牽引力や繰り返しの反復力が加わり炎症がおきます。

さらに脛骨の一部が剝がれてしまったり変形してしまったりすることもあります。

ボールを蹴ったりジャンプしたり急にとまったりといった動きをするスポーツ(サッカー、野球、テニス、バスケット、バレーなど)をしている小学校高学年から16歳までの子供に発症する可能性があります。

ただオスグットは発症しても初期段階で治療をしっかり行えばほとんど手術を必要とせず、後遺症なども残しません。

治療は安静が基本で、脛骨粗面に負担をかけないようサポーターをしたりテーピングをしたりしますが長時間し続けると血流が悪くなり治るのが遅くなる場合もあるので注意が必要です。

また、周りの筋肉を緩めたりストレッチをしたりすることもありますが一番は自然治癒力を基本とした治療を行います。

完治すればまたスポーツに復帰する事が可能なので、膝の下が痛くなってなかなか治らないという方はお気軽にご相談下さい。


岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ