中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


脊柱管狭窄症

背骨は椎骨と呼ばれる骨が積み重なってできています。
その一つ一つの椎骨には空洞があり、その空洞が積み重なったものが脊柱管と呼ばれています。
ここを脊髄が通ります。

つまり脊髄が障害を受けにくいように骨で守られている状態です。

脊柱管狭窄症とはその脊柱管の中の脊髄が圧迫されて起こります。

原因としては椎骨の変形により骨棘(こつきょく)と呼ばれる棘ができ、それが神経を圧迫する場合や背骨の靭帯が肥厚して圧迫する場合、腰椎のすべり症により椎間板や椎骨が神経を圧迫する場合などがあります。

加齢に伴う変性が原因で起きることが多く高齢者に多いのも特徴ですが、重たい荷物を毎日運ぶ仕事をしている方や長時間の運転をしている方などは若くても脊柱管狭窄症になることがあります。

症状としては腰痛、腰の重さ、違和感、下肢のしびれなどですが特徴的なのが間欠性跛行(かんけつせいはこう)とよばれる症状がみられることです。
これは歩き出すと足の痛みやしびれで歩けなくなるが、前かがみで少し休むとまた歩けるようになる、というものです。

では脊柱管狭窄症になってしまった場合どのような治療法があるのでしょうか。

リハビリや痛みどめの薬、ブロック注射やシップやサプリ、最終的には手術等色々ありますが、対処療法では解決になりません。

当院では手技療法と体操やストレッチで腰や痛みを取り除きます。
同時に低周波で腰部の血流を促進し、自然治癒力を高めていきます。

後は運動療法で狭窄している部位の負担を減らしていきます。

このように原因を把握ししっかり治療すれば脊柱管狭窄症は改善できますし、予後の悪い病気でもありません。

脊柱管狭窄症でお悩みの方はいつでもご相談下さい。

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ