中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


足首の捻挫の後遺症【その痛み原因は足首?】


こんにちは篠崎です。
オリンピックが始まりましたね。
水泳で金メダルが出ています。もっともっとメダルが取れるといいですね。


腰痛や股関節痛の原因


昔、学生時代にスポーツをしていたという人も多いと思います。今も続けているという人ももちろんいるでしょうがなかなか改善しない腰や股関節の痛みが何年も前にスポーツをしていた頃に足首を捻挫をした時の後遺症が原因かもしれないんです。


通常足首を捻挫をすると冷やして固定をして安静にするという処置をしますが軽い捻挫であれば2〜3日湿布を貼ってただけという方が多いです。1週間もすれば痛みも治まり普通に歩けるようになります。そのうち捻挫をした事も忘れてしまいますが何年も経ってそのねんざの後遺症が原因で腰の痛みや股関節の痛みに影響がでます。それはなぜでしょうか?


捻挫の後遺症


足首の捻挫で一番多いのは足首を内側にひねってしまう捻挫です。それによって前距腓靭帯という足の甲を持ち上げる靭帯が損傷します。靭帯が伸びてしまった状態を捻挫というのですが少し伸びたくらいでは歩けるし痛みもやがて治まります。


ただ年齢がいくと共に筋肉が衰えてきます。そうすると昔損傷して伸びきった靭帯に負担がかかり足を上げることが難しくなってくるのです。左右のバランスが崩れ腰や股関節に影響が出てきます。


痛みの原因の見分け方


なかなか改善しない腰や股関節痛の原因が捻挫の後遺症かどうかを見分ける方法があります。


・靴の減り方は左右同じ?(一方の靴の外側だけ減っていたら捻挫の後遺症があるかもしれません。)
・足首を動かすと関節に痛みがある。(足首に違和感や痛みがある。)
・足首の可動範囲が制限されている。(正座が出来ない状態。)
・足首からポキポキ音が鳴る。(足首の靭帯が緩んでいる。)
・片足立ちでグラグラする。(どちらか一方だけ安定しない。)

など気になったら捻挫の後遺症からかもしれないです。


改善方法


靭帯が伸びて時間が経ってしまった状態では改善するのは難しいのですが足首の関節が緩んでいるのを筋肉でカバーする事は出来ます。そうする事でしっかり足を着けるようになり、左右のバランスもとれるようになります。


足首を鍛えましょう。

1.両足を肩幅に広げます。
2.足裏の親指の付け根に重心をおきます。
3.両方のかかとをゆっくり上下します。

1セット20回を1日2セット行います。


まとめ


腰や股関節の痛みがなかなか改善しない時は原因が他のところにあるかもしれないです。足首をチェックしてみてバランスを整えると痛みが改善するかもしれません。いち早く痛みの原因を見つける事で改善するかもしれないですね。


▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』


・美容と健康に関するお得な情報を配信します
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ