中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


肩の痛みの原因【腕のねじれ】

こんにちは篠崎です。肩コリで悩んでいる人は多いですよね。整骨院の患者さんのほとんどが肩の痛みと腰の痛みでお悩みの人ですが今日は肩コリと腕のねじれはとても関係が深いというお話です


腕のねじれと肩こり


腕の肘から下の部分を前腕といいます。前腕の骨は2本あります。親指側にある橈骨という骨と小指側にある尺骨という骨です。これはうまく腕が回転できるような構造になっているためですが私達の日常生活では腕を内側にねじって生活する作業がとても多いのです。


例えばパソコンや書き物をしている時、
料理をしている時も手のひらが下に向いて腕が内側にねじれています。腕が内側にねじれると肩もだんだん内側に入ってきます。肩が内側に入ってしまうと肩甲骨が前に引っ張られて背中や肩甲骨の周りの筋肉も引っ張られてしまいやがて凝り固まってしまいます。いわゆる猫背の状態になってしまいますね。腕がねじれると肩が凝るというのはとても関係が深いという事ですね。


腕のねじれチェック


仰向けになって寝た状態で手のひらを上にして、からだの力をぬきます。前腕が内側にねじれて手のひらが内側に傾いてしまうひは腕がねじれています。厳密には手首や肩の関節もねじれています。そのままで過ごしていると巻き肩になってしまってさらにひどくなると腕が上がらなくなるというような五十肩の症状を引き起こします。腕のねじれをもとにもどすようにすれば肩コリも解消するという事ですね。



腕のねじれの戻し方


〈腕のねじれをとるストレッチ〉
IMG_1740.jpg


・背泳ぎの要領で腕を回します。腕を上にあげて後ろに回す時に手のひらを外側に向けながら後ろに回します。

もう一つは
IMG_1741.jpgIMG_1742.jpg

・イスに座り背筋を伸ばします。腕を真横に伸ばし手のひらを上に向けます。そのまま手首を背中側に回転します。回らなくなったところでキープします。反対の手でもう少し回るようにひねります。10秒程キープします。


腕のねじれをとると胸が広がり背筋も伸びます。姿勢を意識する事で肩も前に入らなくなり腕のねじれもなくなります。パソコンなどの作業をする時はキーボードの位置をなるべく手前にして作業を行うようにする。そうすると手が必要以上に前に出ないので腕がねじれないです。


日頃から腕をねじらない姿勢を工夫して意識していく事で肩のこりも楽になります。肩が辛いときは時々腕を外側にねじる運動をしてみてはいかがでしょうか?



▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』


・美容と健康に関するお得な情報を配信します
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ