中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


妊娠中の腰痛の改善方法

こんにちは篠崎です。今日は節分です。節分といえば豆まきですが、節分とは季節を分けるという意味があるそうです。立春の前日であり、冬と春の境目という意味だそうですよ。まだまだ寒さが残っていますが暦の上ではもう春なんですね。


当院には妊婦さんもたくさん来られます。妊娠中はどんどんお腹が大きくなるので腰などに負担がかかる人が多いですね。妊娠中にお腹の中で大きくなっていく赤ちゃんには期待と不安がありますが寝ていても座っていても腰の痛みがあるとつらいものですよね。妊娠中はからだにどういう負担がかかるのでしょう。またどう対処して行けばいいのでしょうか?



妊娠中の腰痛の原因


妊娠をすると3ヵ月を目安にリラキシンという女性ホルモンが分泌されます。出産に向けて赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤の周りの靭帯を緩めます。またお腹が大きくなるにつれて骨盤をつないでいる恥骨結合という部分も緩んでくるのでさらに腰に負担がかかってきます。


またお腹が大きくなると骨盤が前に傾き、重心が前にかかっていきます。それを支えるために背中から腰にかけてが常に緊張状態にあるのです。妊娠をすると妊娠前に比べ体重が10kg近く増加するのでそれだけでも背中から腰にはかなりの負担になっているでしょう。では腰痛になったらどうしたらいいのでしょうか?



腰痛になった時の対処法


出産の為に大切な準備のためにからだが変化していくのですがやはり痛みは我慢ができないものですよね。少しでも痛みやわらげる方法としては「骨盤ベルト」というものがあります。妊娠用のベルトやガードルがドラッグストアや産院などで購入することができます。特に「トコちゃんベルト」は人気もあり、産後まで使えるので利用される方も多いみたいですね。


体操やストレッチも効果があります。気分や体調のいい時にはからだを動かしましょう。よく知られているのは猫のポーズです。四つん這いになり、息を吸いながら背中をできるだけ丸めます。次にゆっくり吐きながら背中を反らします。これを数回繰り返します。背中と腰を反らす事で楽になります。



整骨院でのマッサージ


整骨院でも腰痛は改善します。妊娠されている事を伝えていただければ治療法はできます。妊娠初期はうつ伏せの体勢が大丈夫ならうつ伏せで行います。うつ伏せが無理なら横向きになって施術していきます。妊娠中は腰痛や足のむくみなども訴える人が多いので足の血流を良くしてむくみも解消していきましょう。


当院では妊娠中の方から出産後の腰痛や骨盤矯正も行なっています。産後の骨盤矯正について詳しく知りたい方はこちら↓↓↓
http://iwasenishiseikotuin.com/pages/special/000066.html

▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ