中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


頭痛【こめかみ両側の痛み】

こんにちは篠崎です。寒いと家でじっとしている事も多いと思います。家でじっとしているとからだもかたまり良くありません。家の中でも運動はできます。筋肉は運動しないと増えませんので歯みがきしながらストレッチをする。髪を乾かしながら足を伸ばす。など日常生活ストレッチを組み込んでみましょう。


毎日が忙しいと自分の事がついつい後回しになってしまいます。忙しさのストレスで当院にも頭痛の患者さんが増えてきています。一言に頭痛と言ってもいろいろな種類があります。こめかみが痛くなる頭痛についてお話します。


頭痛の種類


何かの原因で脳の血管が急激に拡張して神経を刺激しておこるのが偏頭痛といいます。偏頭痛は急なストレスからの解放、仕事が休みの週末に痛みがでる。寝すぎや寝不足、女性ホルモンの影響です。痛みがでると言われています。こめかみが痛くなるタイプの頭痛はこの偏頭痛といえます。


首や肩の緊張からくる頭痛は緊張性頭痛といい筋肉が緊張して血流が悪くなって老廃物がたまり痛みとしてあらわれます。最近はパソコン作業で同じ姿勢が続く人に緊張性頭痛が多く見られます。


頭痛の症状


偏頭痛の場合、こめかみから目の奥まで脈を打つように痛むのが特徴です。吐き気なども伴い、光などに反応して気圧などで痛みがでます。こめかみの両側が痛む事があり、頭を動かすと痛みがひどくなります。


緊張性頭痛の症状は夕方から夜にかけて痛むのが特徴で後頭骨から首にかけて痛くなります。頭痛以外の吐き気などの症状はみられません。頭全体がぎゅーと締め付けられるような痛みです。


頭痛の予防法


<偏頭痛>


偏頭痛を予防するには睡眠不足を防ぐようにする。また疲労は頭痛を誘発させるので疲労をためこまないようにする。偏頭痛が出てしまったら痛む箇所を冷やします。お風呂で温めるのは逆効果になります。静かな薄暗い部屋で安静にしていて下さい。


<緊張性頭痛>


緊張性頭痛の予防法としては長時間同じ姿勢でいないという事、仕事などで長時間同じ姿勢が続く場合は途中でストレッチなどでからだを伸ばして血流を促進させるようにする。また高すぎる枕は首の負担になります。枕の高さを調整して首の負担を軽減しましょう。緊張性頭痛は温めたほうがいいのです。蒸しタオルを首の後ろに当てて血流を促します。


まとめ


このように頭痛は痛む箇所や痛みの症状などで頭痛の種類が違います。温めたり冷やしたり症状によって違いますので自分の頭痛がどのタイプかをしっかりと見極めて対処する事が大切です。


当院の頭痛治療について詳しく知りたい人はこちら↓↓↓

http://iwasenishiseikotuin.com/pages/cat3/002655.html

▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ