中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


肩の痛み対処法【湿布の効果を試してみた】

こんにちは篠崎です。


桜が咲くころ寒さが戻るというのは本当ですね。花冷えと呼ばれていて体調を崩している方も多いので皆さんもくれぐれも気をつけてくださいね。

肩の痛みと湿布



先日、肩の痛みがひどいと言われる患者さんが来られました。


若い頃から痛みがありその度に湿布を貼っていたそうです。少しは楽になるそうですがまたすぐ痛くなるそうです。痛くなると湿布を貼る。という話をよく聞きますが
実際湿布の効果はどれくらいあるのでしょうか?


また湿布を貼って本当に肩の痛みに効くのでしょうか?

湿布の効果



病院で処方されるものやドラッグストアで売っている湿布は大きく分けて2種類あります。


冷たいタイプの「冷湿布」と暖かいタイプの「温湿布」です。 「冷湿布」と「温湿布」はどういう風に使い分けるのでしょうか?


患者さんからもこの質問をよくされます。「冷湿布」と「温湿布」の違いをお話します。

冷湿布と温湿布の違い



冷湿布は冷やすので急性(捻挫や打撲)の時、炎症がある時に使います。


温湿布は慢性的な痛みや痛みが落ち着いてきた時に使います。


冷湿布は何もしないでも痛む時、関節周りが熱い。痛みで夜眠れない時などに冷湿布で冷やします。効果は4〜6時間です。


温湿布は鈍いような痛みや腕や肩が動かしにくいまたは引っかかるなどの症状なら温湿布を貼って血流をよくして行く方が効果があります。


症状に合わせて冷湿布と温湿布を使い分けします。

湿布の効果を検証



ちょうどスタッフに肩が痛いという人がいたので湿布の効果を検証してみました。


痛みで肩が動かすのもつらいと言っていたので冷湿布を4時間程貼りました。


スースーして気持ちいい。4時間後少し楽になったような気がする。と言っていました。


これは冷やしたから良くなったのではなく消炎効果で一時的に痛みを抑えています。


消炎効果とはインドメタシンやサリチル酸メチルといった成分が入っていて炎症を抑えているからです。楽になったのもこの成分のおかげです。


ちなみに温湿布にも同じ成分が入っており温かいのはとうがらし成分が入っているからだそうです。

まとめ



今回の検証では、湿布は肩の痛みに効く?という事でしたが結果は一時的には効くが根本の解決にはならないという事です。


今回の患者さんのようにまたすぐ痛くなります。


肩の痛みを解決するには痛くなる原因を探して痛くならないようにする事が大切です。


整骨院では患者さんと会話をしながら仕事の姿勢や日常の癖などを探り、肩がどうして痛くなるかを考えて肩が痛くならないようにしていきます。


皆さんも根本的に痛みをとるようにしていきましょう。


肩の痛みの根本的解決方法はこちら
↓↓↓
http://iwasenishiseikotuin.com/pages/special/000700.html




▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase
LINE@ http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ