中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


肩甲骨のこりの原因


こんにちは篠崎です。肩甲骨の動きをよくすれば健康になれてダイエットにもいいとテレビの番組でとりあげられていました。そもそも肩甲骨の動きはどうして悪くなるのでしょうか?今日は肩甲骨の動きについてお話します。


肩甲骨のこり



肩甲骨がこるといっても、あまりイメージがつかないかもしれませんが肩甲骨を動かすと痛い。肩甲骨が動かない。という人はわりといると思います。特に肩甲骨の内側が痛いという人は多いですね。


そもそも肩甲骨は肩から背中にかけて筋肉で張り付いています。背骨から肩甲骨にかけて菱形筋という筋肉がついています。この筋肉が固くなると血流が悪くなり身体に不調がでてきます。肩甲骨の内側が痛くなる原因は菱形筋が固くなっています。


肩甲骨のこりの原因



肩甲骨のこりの原因はやはり姿勢の悪さにあります。姿勢が悪くなると猫背の状態になります。猫背になると肩甲骨についている菱形筋が常に引っ張られてしまって固まっているので肩甲骨の動きが悪くなります。また猫背になると内臓も圧迫され呼吸も浅くなります。


常に右側の肩甲骨が痛いという人は内臓の胆石症の可能性もあるので注意が必要です。また左側ばかり痛いという人は変形性頚椎症の可能性があります。加齢やストレスによって痛みがでると言われています。


肩甲骨の痛み対策



右側だけ、左側だけ痛みがあるなどの場合は内臓でなければ使いすぎによるバランスの崩れの可能性があります。右側が痛いのであれば左側を使うようにすれば改善されます。


また痛みの部分をマッサージしたりストレッチをすると改善されます。しかし肩甲骨は下手にマッサージすると筋肉を傷つけてしまう場合がありますので整骨院など専門の所で治療をする事をおすすめします。ストレッチは自宅でもする事ができます。


肩甲骨のストレッチ



いくつか種類がありますがその中でいくつか紹介します。

【肩甲骨を動かすストレッチ】

1. 胸の高さで肘を90°に曲げ手のひらを内側に向けます。
2. そのまま真上にあげて手のひらを外側に向けて下ろします。背筋をしっかり伸ばして行います。

【肩甲骨を動かすストレッチ 2】

1. 両腕を後ろで組みできるだけ高くあげます。
2. 胸をはり背筋をのばします。


まとめ



肩甲骨と肩こりは非常に関係が深く固まってしまう原因は姿勢の悪さにあります。肩甲骨の動きを良くすると肩こりも楽になる事があります。肩甲骨の動きを良くして姿勢も改善しましょう。


▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します。
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ