中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


ストレートネックの治し方。しびれの原因と対処法

こんにちは篠崎です。スマホで動画を見ていると腕や首がしびれてきました。という患者さんが整骨院に来られました。整形外科でストレートネックと診断されて湿布薬を出してもらったそうですが一向に痛みがとれないとお悩みでした。


ストレートネックとは?



ストレートネックとは首の前弯のカーブの曲がりが少ない状態を言います。首の骨は前弯のカーブを描く事で頭の重さをうまく分散させたり、衝撃を吸収したりしています。しかし、何かの原因でストレートネックになってそのカーブがなくなってしまうことで、首周りの骨や筋肉に大きな負担がかかり、体にさまざまな異常が現れます。


ストレートネックになると首の痛みや肩の痛み、頭痛やめまいや吐き気などの症状が出て来ます。自律神経失調症になる場合もあるので放っておいたら大変です。ストレートネックはレントゲンを撮ったら判断できますので手のしびれがあれば病院で診断されて下さい。


ストレートネックになぜなるの?



ストレートネックの原因はスマホやパソコンなどの姿勢の悪さと言われており、現代病の一つと言われています。ずっと下を向いて操作するスマホやパソコンは首にかかる負担が大きく長時間その姿勢を続けると首の前弯のカーブが失われてストレートネックになってしまいます。


交通事故やスポーツなどで首に外部からの衝撃によってもストレートネックになります。衝撃により筋肉が損傷したり、首の骨がズレてしまった事によるものがほとんどです。首から肩にかけての筋肉の血流不足が原因です。


ストレートネックの症状



ストレートネックで筋肉が硬直すると首や肩の痛みがでるだけでなく動きが悪くなり慢性的な頭痛が出てきます。その他めまい吐き気自律神経失調症、うつ症状がでる人もいます。


ストレートネックにはそれぞれタイプがあり、姿勢が原因で猫背や巻肩になっている人の頭が前に出てしまってストレートネックになっているタイプ。バレエやダンスなど無理に真っ直ぐな姿勢をとって背中から真っ直ぐになっているタイプ。骨盤が前傾または後傾していて猫背になってストレートネックになっているタイプと3種類のタイプがあります。


しびれの原因



首から背中にかけての脊髄にはいくつもの神経が伸びていてストレートネックになった首の筋肉が硬くなり神経を圧迫してしまいます。これがしびれの原因です。腕や手の指先にしびれが現れると首から肩にかけての筋肉がかなり硬くなっているので早目の改善が必要と思われます。


ストレートネックが原因でしびれがでていると考えられる場合はこういう動作でしびれがでます。上を向いたとき、腕の症状の出ている側へ首を回旋したとき、症状の出ている側の首を側屈したとき、症状の出ている側へ 側屈→回旋→上を向く動作の時、顎を引く動作、うつむいたとき、肩をすくめたときです。これらの動作でしびれがでたらストレートネックが原因だと考えられます。


ストレートネックの改善方法



病院ではストレートネックと診断を受けたら首を牽引したり筋肉を緩める薬を処方されます。これは一時的な対処法で根本の治療にはならないので根本の改善をするには姿勢を整えて猫背を改善しないといけません。


正しい姿勢とは膝立ちの姿勢です。膝で立つことで骨盤の上に背骨と頭が乗るような形ができ力が入らずに自然と正しい姿勢ができます。膝立ちの状態をキープして1分間続けます。毎日繰り返すと自然に猫背が解消されます。日常立つ時も胸を張るのではなく、おへその下側に力を入れて立つようにすると正しい姿勢がとれます


まとめ



ストレートネックは何らかの原因で首のカーブが失われてしまった状態をいいます。原因は姿勢の悪さからと言われていますので逆に考えれば姿勢を整えるだけで改善していきますので日頃から姿勢を改善していきましょう。


▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します。
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ