中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


O脚の治し方 【意外と簡単に!】


こんにちは篠崎です。先日整骨院に骨盤矯正を受けに来られた患者さんのお悩みが「O脚を治したい」という事でした。O脚でお悩みの人は多いですね?そもそもO脚とは生まれつきの骨格の歪みが原因の場合は少なく改善できる場合がほとんどです。今日はO脚についてお話します。


O脚のチェック



O脚を治したい。特に女性はお悩みの一つになっている人が多いのが現状です。日本人の8割の人がO脚で悩んでいると言われています。脚を揃えて立っているのに隙間が空いてしまうという状況をO脚といいます。しかしO脚かどうかは自分でもよくわからないですよね。そこで簡単なチェック方法をお教えします。


1. つま先を揃えて立って両方のくるぶしをくっつけます。
2. 膝と膝の間に指が何本入るか確認します。
指が2本以上入るとO脚だといえます。どうでしょうか?あなたはO脚ですか?


O脚の原因



O脚の原因には二種類あります。先天性のO脚と後天性のO脚があります。先天性のものというのは生まれつきの骨格の歪みが原因でなかなか改善は難しいのですが後天性のものは日頃の姿勢の悪さが原因で改善はできます。


姿勢が悪かったり、歩き方が悪かったりすると身体のバランスが崩れて筋肉も固くなり、骨盤も歪みがでてきます。骨盤の歪みとともに股関節も外側に開いてしまいます。これがO脚の原因です。


股関節の動きが良く足をしっかり動かして歩いていれば問題はないのですが股関節が外側に開き、歩き方が悪いと股関節が動かなくなるのでお尻や足の筋肉が固くなってしまうのです。


O脚になる姿勢



ではO脚になってしまう姿勢とはどのような姿勢でしょうか?いくつかご紹介します。

・下腹を突き出すような立ち方。
・足のつま先が外側に流れるようなガニ股の歩き方。
・足を後ろに蹴らないで、小股で前だけに出すようなペンギン歩き。
・足の指を使わないで、浮いた状態での歩き方。(浮き指)
・女の子座り(正座の時に両足を外側に開く座り方)


このような姿勢に思い当たる方は気をつけなければいけません。これらの姿勢は最近の若い女性に多い傾向でX脚の人にもあてはまります。O脚の原因のひとつである悪い姿勢や筋力の低下が原因なので日常生活で正しい姿勢に戻せばO脚も改善できます。


O脚の改善方法



O脚を放っておくと膝の関節が悪くなる他、骨格のバランスが崩れるので早めに改善する事をおすすめします。O脚はただ単に筋トレやストレッチをすれば改善するというものではありません。日常生活での悪い癖を改善しなければO脚の改善は難しいでしょう


しかしO脚は筋肉の使い方を工夫すれば改善します。日頃から正しい歩き方やO脚になりやすい姿勢をしないように気をつければO脚は改善できます。O脚の人は太ももの内側にある内転筋が弱っている事が多いので立つ時、座る時にはお尻に力を入れるのを意識する事が大切です。


また内転筋のエクササイズをするなど鍛えてみるのもいいですね。仰向けに寝てクッションやバランスボールを膝の間に挟み落とさないように力を入れます。またお尻の筋肉が固いと内転筋だけ鍛えても意味がないのでお尻のストレッチも合わせて行うと効果が上がります。


まとめ



O脚を改善するには立ち方や歩き方から改善しなくてはいけませんいくらエクササイズやストレッチを頑張っても姿勢が悪いとO脚を改善できません。整骨院に来られた患者さんにも骨盤矯正で骨格の歪みは整いました。それとともに歩き方を正しくしていただき徐々にO脚が改善していっているので喜んでいらっしゃいます。


【O脚の改善まずは骨盤を整えよう】はこちら↓↓↓

http://iwasenishiseikotuin.com/pages/special/000066.html



▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します。
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ