中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


坐骨神経痛の症状と治療法

こんにちは篠崎です。


坐骨神経痛という言葉は聞いた事があると思います。


歩いたり椅子から立ち上がる時にお尻から太ももにかけて痛みやしびれがでるとてもつらい症状なのですが湿布を貼ってもなかなか良くならないと整骨院に来られる患者さんはとても多いです。


今日はこの坐骨神経痛についてお話をします。

坐骨神経痛とは



坐骨神経痛とは病名ではなく腰からお尻や太ももから脚にかけて通っている坐骨神経を何らかの原因で圧迫してしまい痛みやしびれが起きる事です。


しかしレントゲンでは何も映らず症状はなかなか改善しないので長く悩んでいる人は多いのです。


坐骨神経痛はヘルニアや狭窄症そのものが原因ではありません。ヘルニアや脊柱管狭窄症により、血流や身体の動きが悪くなり、筋肉自体が固くなってしまいます。


固くなった筋肉が坐骨神経を圧迫してしまい痛みやしびれがでるのです。つまり神経の圧迫している筋肉を柔らかくすれば改善できるのです。

坐骨神経痛の症状



坐骨神経痛の症状はみんな同じとは限りません。


・腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、すねなどの痛みやしびれ。
・脚の付け根や坐骨付近の痛みやしびれ。
・脚に力が入りにくい。脚を動かしたり、歩いたりするとしびれが強くなる。
・しゃがむ動作が突っ張るような感じがする。

このどれかに当てはまると坐骨神経痛の症状があるといえます。


症状の現れ方も人それぞれで痛む箇所もそれぞれ違います。

 坐骨神経痛の原因



固くなる原因をわからなければ治療をしてもまた繰り返す可能性がありますよね。


坐骨神経痛はお尻から太ももの後ろの筋肉が固くなり、そのどこかで神経を圧迫しているのですが実はどこにも神経を圧迫している箇所が見つからずはっきりと原因がわからない坐骨神経痛が一番多いのです。


改善するにはやはり筋肉の柔軟性が大切です。筋肉を柔らかくして血流を良くしなければいけません。固くなっている筋肉をマッサージなどで柔らかくしたり自宅でストレッチをしたりして柔らかくする事をお勧めします。


しかしいくら筋肉を柔らかくしても姿勢の悪い状態が続くとまた筋肉は固くなってしまいます。


整骨院では腰やお尻の筋肉を柔らかくしてストレッチをしています。太もも後ろのハムストリングが張っている人が多くそこもしっかりと緩めます。また骨盤が後傾していて腰がストレートになっている人には腰のカーブをつけていく施術をしています。


このように正しい姿勢に改善していかないと坐骨神経痛は改善していかないのです。


まとめ



坐骨神経痛になってしまった時は、ストレッチなどでお尻や太ももを柔らかくして姿勢や生活習慣の改善に取り組むことが大切ですね。


坐骨神経痛の痛みでお悩みの人はこちら
↓↓↓

http://iwasenishiseikotuin.com/pages/special/000864.html



▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために
『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』


・美容と健康に関するお得な情報を配信します。
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase
LINE@ http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ