中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


腱板損傷の症状と痛み


こんにちは篠崎です。皆さまお花見はされたでしょうか?今年はお天気が良かったので長く桜を楽しむ事が出来ましたね。日本の情緒をたっぷり味わえましたね。整骨院に来られた患者さんの中に急に肩が上がらなくなったという患者さんがいました。30代なのにもう五十肩かな?と心配されていました。五十肩と腱板損傷の症状は似ています。今日は腱板損傷のお話をします。


肩の腱板



肩の関節は上腕骨の骨頭と肩甲骨のくぼみの部分が回転することで動くようになっています。腱板というのは肩の内側のインナーマッスルで(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の事をいいます。


このインナーマッスルが何らかの原因で傷ついてしまって痛みがでたり、腕が上がらなくなったりするのですが五十肩と腱板損傷の症状はよく似ている為、長年五十肩だから仕方がないとあきらめて適切な治療がされない事が多いのです。


五十肩と腱板損傷



五十肩の症状と腱板損傷の症状はよく似ています。五十肩の症状はある日突然起こることもあります。じわじわ痛みが来ることもあります。肩から腕にかけての痛みや腕が上がらなくなるのが特徴です。


五十肩は腕を前から真上に上げる。または横から真上にあげることができなくなります。また腕を外側にひねったり内側にひねったりする動作が困難であれば五十肩の可能性があります。痛みを我慢すれば上がるのであれば五十肩とは違います。


腱板損傷の症状



腱板損傷は肩の痛みに加えてドアノブをひねったら痛むなど回旋動作で痛みがあります。腕を挙げる際に 横から上げ90度ぐらいで痛みを感じますが、90度を 超えると、腕・肩の痛みが軽減します。力を入れて上げると痛みますが、脱力し反対の手で支え挙げると痛くないのです。腕・肩が固まってしまう事は少ないのが特徴です。


また腱板損傷は夜間痛があるのが特徴です。夜間痛は五十肩にもありますが肩を動かすとゴリゴリとした音がしたり、痛みがひどくなると力が入らなくなったりの脱力感があります。


腱板損傷の原因



腱板を痛めてしまう原因は重い荷物を高いところに持ち上げる動作や車の後部座席の荷物を取ろうと腕を伸ばした時に痛めてしまいます。凝りがひどくて可動域ぐ狭くなっているところに無理に動かして痛めてしまう事が多いです。


また高齢者になると筋力の低下で寝ている姿勢が悪くて痛めてしまう事もあります。また転倒して手をついた拍子に痛めてしまう事も多いのです。


腱板損傷の治療



腱板損傷の治療は基本的には安静にする事です。初期のための強い時期はなるべく肩の負担を減らすことです。安静にするといっても寝ていないとダメと言うことではありません。肩の負担を減らすということです。


例えば日頃、肩の負担をなるべく減らすように片方の手で痛みのある方の腕を支えるようにすると痛みのある肩の負担が減らせます。2〜3週間経って痛みが少し軽減してきたら少しずつ肩を動かしていきます。寝るときには肩の下に枕を置くなどの工夫が必要です。


まとめ



腱板損傷は意外と発症している人も多く、発症していても気づかない場合も多いのです。肩が痛い、肩こりだからとそのまま我慢している事が多いので痛みが1年も長く続くなどおかしいなぁと思ったら腱板損傷かもしれないですね。




▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します。
・どちらかにご登録いただくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
http://accountpage.line.me/iwasenishiseikotsu


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ