中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。

岩瀬西整骨院


顎関節症を1分で改善する方法

「口が開けにくい」
「顎関節が痛い」
「強くものを噛めない」
「動かすとゴリゴリ音がする」

といったように顎関節症でお悩みの方もたくさんいると思います。


さらに顎関節症をそのままにしておくと顔面の筋肉が緊張し偏頭痛の原因になったり、肩こりや首こりの原因になったりもします。


特に歯をくいしばる癖のある方や、毎日同じ方を下に向けて横向きで寝る方なんかは顎関節症になりやすいですが、歯医者でマウスピースを作ったけどなかなか改善しないという方も多くいらっしゃいます。


というかマウスピースで顎関節症が治ったという方を今まで一度も見たことがありません。


今日はこの顎関節症にならないための方法と、顎関節症になってしまった場合に簡単に改善する方法をお伝えします。

顎関節症にならないために

そもそも顎関節というのは「上顎」と「下顎」の関節ではありません。


「側頭骨」と呼ばれる頭蓋骨の横側の骨と「下顎骨」の関節なのです。

IMG_3800.JPG


この形状を見ていただくとわかると思いますが、このままじゃ大きく口を開けることはできません。


しかし実際私たちは口を大きく開けることができますよね。


どうしてかというと私たちが口を開けるときは「下顎骨」と呼ばれる下の骨が一度前方にスライドするのです。


口をスムーズに開きにくいという方は一度試していただきたいのですが、口を開ける最初の動作で下顎だけを前方に突き出してそこから口を開けて見てください。


どうでしょうか。スムーズに開けることができますよね。これが正常なのですが顎関節症はいろいろな理由からこのスムーズな動きができなくなって起こるのです。


特に咀嚼筋(そしゃくきん)と呼ばれるものを噛むときに使う筋肉が凝り固まるとこの下顎のスムーズな前方移動ができなくなってしまいます。


下顎が前方に移動しないまま無理に口を開けることで骨や関節の中の関節円板という部分を傷つけたりして顎関節症になってしまいます。


例えば無意識に歯を食いしばっている方。


歯をくいしばるということは常に咀嚼筋を働かせているということです。


このような方はやはり咀嚼筋が硬くなりやすく顎関節症のリスクも高くなります。


さらに横向きで寝る方も要注意です。


毎日同じ方を下にして寝ることでこの咀嚼筋の部分が常に圧迫されるばかりか顎関節自体にも横向きに押される力が加わり続けます。


これもやはり顎のスムーズな運動を阻害し顎関節症になりやすくなってしまいます。


さらに「低反発枕」を使っている方は今すぐやめましょう。


「横向き寝」+「低反発枕」の組み合わせは最悪で、かなりの確率で顎関節症になります。


一見良さそうな低反発枕ですが沈み込んだ部分に力を加えるとむしろ高反発になってしまいます。


つまり自分の頭の重さに加え枕の反発力で顎関節にものすごく負担がかかってしまうのです。


このように顎関節を正常に保つには咀嚼筋が硬くなるのを防ぎ、顎関節自体に強い力が加わるのを防ぎ、下顎のスムーズな運動を阻害しなければいいのです。


マウスピースで歯がすり減るのを防いだり噛み合わせを変えたりしても顎関節症が治らないことがお分かりいただけたと思います。

顎関節症を1分で改善

原因がわかったところで今実際に顎関節症でお悩みの方に簡単に改善する方法をお伝えしようと思います。


それは咀嚼筋の中でも「外側翼突筋」と呼ばれる筋肉を緩めて正常な状態にしてあげることです。

Musculuspterygoideuslateralis.png


この筋肉は下顎骨の前方移動に関係する筋肉です。


そう、最初にお話しした前方に正しく移動しないと口を開けれないということはこの筋肉が元に戻ればスムーズに顎が動くようになり顎関節症が簡単に改善してしまうのです。


ここを緩めるのですが、やり方は歯を少しくいしばるように力を入れると耳の下に動く筋肉があると思います。


まずそこに指を当てます。


当てたら次に軽く口を開けて力を抜いてください。


指をそのまま頬骨にそって少しだけ前方に動かすとへこんでいる部分があります。


この中に「外側翼突筋」があるので口を軽く開け力を抜いたままの状態で指でほぐしてください。
※必ず口を軽く開けて力を抜いた状態で行ってください。噛み締めたまま行うと外側翼突筋に届かず効果があまり期待できません。


頬骨に沿わせる感じで横向きにほぐすとやりやすいと思います。


これを1分やった後、顎を動かしてみてください。


痛みも改善されますし動かしやすくもなっているはずです。

まとめ

肩こりや首こりにもつながる顎関節症。


まずはならないように心がけることが大事です。


歯を食いしばったり低反発枕で横向きに寝るのは避けましょう。


もしなってしまった場合は外側翼突筋をマッサージしてください。


簡単に楽になります。






▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』
 
・月ごとのクーポン配信
・自由診療メニューがすべて割引価格に!
・今までの常識をくつがえす健康の真実を配信
 
今すぐどちらかにご登録ください。


メルマガ
https://promotion-ex.com/rg/24617/6/


LINE@
https://page.line.me/iwasenishiseikotsu



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ