中間市NO1の改善率!働く女性に人気の整骨院。平日夜20時30分まで祝日も営業。

岩瀬西整骨院


ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症

herunia.jpg

 

  • いつもお尻に痛み、しびれがあり座っているのがつらい。
  • 腰・下肢の痛みで休みながらでないと歩けない。
  • 腰(身体)を動かすと脚の痛みが激しくなる。
  • 夜お尻や脚が激しく痛んで眠れない。
  • 太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれが続いている。
  • 足の裏の皮膚が厚くなったような感覚がある。
  • 歩くと腰が痛くなるが休むとまた歩けるようになる。

坐骨神経痛とは何らかの原因で坐骨神経が圧迫されお尻や脚の後ろ側にかけて痛みやしびれ、麻痺などがあらわれた状態のことをいいます。


原因はヘルニアや梨状筋症候群などによってひきおこされることがほとんどです。ヘルニアの場合は椎間板が、梨状筋症候群の場合は梨状筋とよばれるお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫したり引き伸ばしたりすることによってしびれや痛みが引き起こされます。


調べるとこのように書いてあるところがほとんどですが、実はこれらは本当の原因ではありません!


これらは原因というより症状であり、本当の原因は別にあります。


日常生活やお仕事で中腰や前かがみの姿勢が続くと腸腰筋と呼ばれる腰の骨の前面や骨盤の内側から太ももの内側についている筋肉が緊張します。


するとバランスを取るため腰の後ろからお尻、太ももの後ろにかけての筋肉が緊張することで姿勢を保とうとするのです。この状態が続くと腰の骨と骨の間にある椎間板とよばれるクッションが後ろに押し出されるような力が加わってしまいます。


椎間板の後ろには神経が通っているので押し出された椎間板が神経を圧迫してしまうと坐骨神経痛や下肢にしびれが出てしまいます。この状態がいわゆるヘルニアで、下肢にしびれがあっても原因はすべて腰まわりの筋肉のバランスにあります



これが本当の原因なので手術で椎間板を削ってもよくならない方が多いのです。症状だけ抑えるのは風邪薬と同じで本当の意味で治療ではないのです。


ちなみに脊柱管狭窄症も同じ原因です。


背骨の周りには骨がずれないように硬い靭帯が縦に付いています。この靭帯に前かがみや中腰姿勢でストレスをかけすぎると靭帯が肥厚してしまいそれが神経を圧迫してしまってなるのが脊柱管狭窄症なのです。


他にも背骨自体が姿勢による負担で変形し、それが神経を圧迫する場合などもありますが全ての原因は「姿勢や生活動作による筋肉と骨格のバランスが崩れること」なのです。


それでヘルニアになる方もいれば脊柱管狭窄症になる方もいますが、どちらも発生機序を調べれば同じなのです。


腰が痛いと腰に原因が、足が痺れると足に原因があるように思ってしまいますが、痛みや痺れのある箇所に本当の原因はありません。たまたま痛みや痺れが腰や足に出ているだけなのです。


そこで治療は本当の原因を改善しなければいけません。


中腰や前かがみ姿勢でヘルニアや脊柱管狭窄症になり痺れがある方はまず股関節周りの筋肉が硬くなり反り腰でX脚のような状態になっているか、もしくは反対に腰の骨がストレートになりO脚になっているかのどちらかです。


まずは患者様がどちらの状態なのかどこの筋肉が緊張しているのかをしっかり把握し、筋肉と骨格を正しい状態に戻すことが本当の治療になります。


痺れがなければ筋肉の緊張を取るだけで改善する方もいますが、必ず骨格も正しい状態に戻すようにストレッチなどもしっかりいれていかないと正常な状態には戻りません。


腰の骨が正常な状態に戻ると神経を圧迫していた椎間板が元の状態に戻ります。このようにしてヘルニアや坐骨神経痛や脊柱管狭窄症は治療していきます。


さらに電気治療も組み合わせることで痛みを感じにくくする効果や血流を促進する効果も加わり治癒までの期間が早まります。


あとは普段の姿勢や日常生活で気をつけてほしい事、自宅でできるストレッチなどのアドバイスも行います。


※しびれの程度によっては治療期間がかかる場合もあります。


teisyuuha.JPG
 

ヘルニア・下肢のしびれでお悩みの方は岩瀬西整骨院まで!お気軽にお問い合わせください。

岩瀬西整骨院のご案内

住      所:
〒809-0041 福岡県中間市岩瀬西町4-20 サンヴィレッジ宮園101
アクセス:
福北ゆたか線中間駅 東水巻駅より徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
093-246-5680
受付時間:
午前 09時00分~13時00分
       (受付12時30分) 
午後 16時00分~20時30分
       (受付20時00分)
定休日:
土曜の午後・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ